音楽監督 岡田 直樹(Naoki Okada)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。藝大在学中の2001-2002、卒業後2004-2005の2シーズンに渡り、イタリア・ミラノへ留学。スカラ座を始め世界の舞台で活躍した故Ottavio Garaventa故・Giuliano Ciannellaの各氏に声楽、スコア・リーディングをDante Mazzola氏に師事。在伊中、オペラ「椿姫」アルフレード役、コンサートへの出演の他、「ラ・ボエーム」のハイライト版にVerious Artistsの一人として収録に参加。また、発声法の一人者になるべく音声生理学の研究に力を注ぎ、多くの文献を研究した。
2003年にオペラ「道化師」カニオ役でオペラデビュー。在学中から数々のオペラ・コンサートに出演。「日本人に数少ないリリコ・スピント」と本人は言っているが、楽曲に合わせてレッジェーロからドラマティコの音色を自由自在に操る演奏家。ベースになる発声は王道のイタリアのベルカント唱法だが、歌う楽曲に合わせて変化させるのでカメレオン唱法というのが最も正しい表現になると思われる。
プロデューサーとしては、13年前にホテル業界に導入した「ウェイターズオペラ(現在のフラッシュモブブームの走り)」のプロデュースをしたことで注目され、常にオンリーワンな企画を展開しており、2010年の多ジャンルアーティストによる「Music for Peace」、前身の横浜開港祭ザブラスクルーズで始めた第九公募企画も、彼の走りだしを見て各所で真似したと言われている。作品としては夏祭クラシックスにおける「U BOJオケ版」もオンリーワンと呼べるその一つである。
現在、クラシック・イノベート代表、横浜ベイコール常任指揮者、久原小PTA音楽部指導者。 

指揮者 小森 康弘(Yasuhiro Komori)

栃木県宇都宮市生まれ。宇都宮大学教育学部音楽科および東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業、同大学院修了。
『新卒業生紹介演奏会』に出演、芸大フィルハーモニアを指揮する。また2004年、05年ウィーン音楽セミナーに参加。選抜者によるファイナルコンペティションにおいて第3位を受賞する。2006~07年、ウィーン国立音楽大学オーケストラ指揮科に留学。
その後ドイツのミュンヘンに拠点を移し、バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団等において研鑽を積んだ。指揮を松尾葉子、小林研一郎、佐藤功太郎、田中良和、小田野宏之、クルト・マズア、ハンス=マルティン・シュナイト、ウロシュ・ラヨヴィッツ、エルヴィン・アツェルの各氏に師事。
これまでにウィーン・プロ・アルテ・オーケストラ、ウクライナ国立ルガンスク・フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、N響メンバーによるアンサンブル等、国内外の多数のオーケストラを指揮するほか、邦人作曲家の作品・オペラの初演を数多く行っている。
現在、愛知県立芸術大学非常勤講師、足利オペラリリカ研究科講師。

コンサート・ミストレス 伊藤 舞希子(Makiko Ito)

東京都出身。桐朋学園女子高等学校音楽科卒業。
1996年に米国ニューヨークへ渡り、マンハッタン音楽院大学、同大学院にて学ぶ。在学中に在米ドミニカ共和国領事館室内楽コンクールデュオ部門優勝、記念コンサートに出演。
これまでにヴァイオリンを鈴木裕子、小林健二、海野義雄、ヒョウ・カン、ピーター・ウィノグラッドに師事。室内楽をルーシー・ロベール、ローリー・カーニー、デイヴィッド・ゲイバーに師事。
ロバート・マン、NYフィルハーモニックのシェリル・ステープル等のマスタークラスを受講。2001年アスペン音楽祭参加。米国NBC放送のライブや、数々のオフブロードウェイミュージカルほか、TV収録、CM音楽、CDレコーディング等に参加し、これまでにアナリス・モリセット、BOYZ II MEN、マイケル・ブーブレ等有名アーティストのライブサポートメンバーとしても演奏。米国及び日本国内のプロ、アマ楽団でメンバーやトレーナーを務め、2004年よりニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルの毎年の日本ツアーに参加。楽団員兼オーケストラマネージャーを務めている。

合唱指導 小野 弘晴(Hiroharu Ono)

東京芸術大学声楽科卒業。桐朋学園卒業後、同短期専攻科修了。中島基晴、平野忠彦、勝部太、星野聡、熊谷一康の諸氏に師事。第37回イタリア声楽コンコルソ入選。BBCオペラソサイエティーオーディション金賞受賞。「椿姫」のジェルモン役でオペラデビュー。ロマン派を中心とした多くのバリトン主要役にて出演後、09年鎌倉芸術館「椿姫」(アルフレード役)でテノールへ転向。第1回山手の丘音楽コンクール入選。第44回49回イタリア声楽コンコルソ入選。親好サニーオペラ新人賞、及び、テノール大賞受賞。第23回太陽カンツォーネコンコルソ第1位受賞。その後、「トスカ」「リゴレット」「蝶々夫人」「アイーダ」「イル・トロヴァトーレ」「アンドレア・シェニエ」「道化師」「オテッロ」「カルメン」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「ドン・カルロ」等に主演出演。コンサートでは、ヴェルディ「レクイエム」、モーツァルト「戴冠ミサ」、べートーヴェン「第九」等のテノールソリストを務めた。近年では藤原歌劇団共催公演「ドン・カルロ」(テアトロ・ジーリオ・ショウワ)にタイトルロールにて出演。フランコ酒井・著「失われた声を求めて/テノール大全」に掲載され、タワーレコード渋谷にて出版記念インストアライブに出演。テノールスピントとしてヴェリズモ・ロマン派作品をレパートリーに持つ。藤原歌劇団正団員。桐朋学園芸術短期大学講師。フェリス女学院大学音芸助演。笠井混声合唱団、アンサンブル響、女声アンサンブル・アイリス指揮者。全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員。

オフィシャルサイトhttp://hiroharuono.wix.com/home

 

コーラス・トレーナー 日野 祐希(Yuki Hino)

東京藝術大学声楽科を首席で卒業、同時に同声会賞、アカンサス賞、松田トシ賞、大賀典雄賞を受賞。宮内庁桃華楽堂御前演奏会に出演。今春より同大学大学院に進学。

桐朋音大附属子供のための音楽教室在室中、6歳よりチェロを銅銀久弥氏に師事し、その後15歳で声楽に転向する。

第7回横浜国際音楽コンクール大学の部1位、第28回日本ドイツ歌曲コンクール奨励賞、第31回市川市新人演奏家コンクール最優秀賞受賞。これまでに《フィガロの結婚》スザンナ、《ヘンゼルとグレーテル》グレーテル(いずれも抜粋)を演じるほか、現代曲の初演やバッハのカンタータ、《ロ短調ミサ》など宗教曲のソリストを務める。

声楽を大島洋子、三縄みどり、S.マストランジェロの各氏に師事、また大塚直哉のクラスで古楽アンサンブルの指導を受ける。(敬称略)Ensemble Quodlibet、芸大バッハカンタータクラブOB。